能登里山クラブ 岩穴」は七尾市中島町河内の岩穴家を中心に、里山を愛好する人々が立ち上げたクラブです。

各々のメンバーは里山の伝統的文化を継承しつつ 、魅力溢れる里山ライフを創造するために頑張っています。

2021年1月3日日曜日

News News News!

ニュース 

1.「里山Cafe分福茶釜」、「民泊古民家岩穴」は下記の期間を年末年始の休業とさせていただきます。 
     2020年12月28日(火)~2021年1月7日(木) 

2.「里山Cafe分福茶釜」では古い時代の伝統的な珈琲として「昔のコーヒー」をメニューに加えました。コーヒーフィルターの発明(1800年、フランス)以前に呑まれていたコーヒーを再現したもので、「300年コーヒー」、「トルココーヒー」という名前です。ぜひ一度ご賞味ください。


 記 事  以下を追加しました。
 ・岩穴からHappy New Year (2021) !(2021年1月2日付)
 ・幸運を呼ぶ鳥「白鷺」が古民家岩穴に来た!(2020年12月20日付)
 ・300年前に飲まれていたコーヒーを再現しました!(2020年12月9日付)
 ・冬です。「火様」活躍です。(2020年12月7日付)
 ・里山Cafe分福茶釜 クリスマスモードに!! (2020年11月24日付)
 ・古民家岩穴。スズメ蜂とイノシシで大変です!(2020年11月2日付) 
 ・北國新聞の生活文化面に「火様」が取り上げられました。(2020年10月18日付) 
 ・HAB北陸朝日放送で「火様」と「里山Cafe分福茶釜」が放送されました。(2020年8月22日付)

テレビ・ラジオでの報道

l   「火様」ラジオななおで放送(2020924日)

l   HAB北陸朝日放送 スーパーJチャンネルゆうどきLive2020818日)

l   「火様」ラジオななおで放送(2019917日)

l   「火様」がテレビで放送されました!(2019210日 テレビ金沢)

l 石川テレビ「新ふるさと人と人」で「火様」が放送されました(2017年2月11日)

  

 

新聞報道

2020

l  925日付 北國新聞

l  723日付 スポーチ報知新聞

l  7 5日付 北國新聞

l  74日付 北國新聞、北陸中日新聞

l  628日付 北國新聞

2019

l  926日付 北陸中日新聞

l  918日、25日付 北國新聞

l  824日付 北國新聞

l  6月  1日付 北陸中日新聞

l  515日付 The Japan News by the YOMIURI Shinbun(読売新聞の英語版)

l  54日、6日付 北國新聞

l  228日付 読売新聞

l  110日付 日本経済新聞

l  1月8日付 埼玉新聞

2018

l  1214日 共同通信社の取材

2021年1月1日金曜日

岩穴からHappy New Year (2021) !

 新しい年(2021)が来ました!おめでとうございます。

岩穴は大雪の中で迎えた新年でした。

ヒロコさん、ケイコさんが頑張って雪ダルマとタヌキの雪像を作ってくれました。

本格的なものができましたネー。
このタヌキは「ガンザブロウ」という名前で岩穴地域に昔から住んでいるといわれています。里山Cafe分福茶釜のマスコットです。
お正月の松飾とともに新年をお祝いしています。皆様にとって良い年でありますように!




2020年12月20日日曜日

幸運を呼ぶ鳥「白鷺」が古民家岩穴に来た!

古民家岩穴に初雪です。かなり降りました。一面の銀世界です。


雪が止んで晴れ間が出たとき、白鷺が里山Cafe分福茶釜の屋根に降り立ちました。

神様の使いとして知られる白鷺は、「幸運に恵まれる」という意味があるそうです。白くて大きな羽根を優雅に動かしながら飛ぶ白鷺の姿を皆さんにも見てほしいです。


 



2020年12月8日火曜日

300年前に飲まれていたコーヒーを再現しました!

 古民家岩穴は300年以上燃え続けている「火様」を預かっています。

300年前はどのようにしてコーヒーを飲んでいたのでしょうか?

コーヒーフィルターの発明はおよそ200年前(1800年、フランス)なので、それ以前はフィルターなしでコーヒーを淹れてました。200年前のコーヒー器具の復刻版を使って再現してみました。(写真は三木様の提供です)

1 コーヒーの粉と水を小鍋に入れて煮だす

ジャズベというコーヒー専用の小鍋を使っています。

2 煮だしたコーヒーをコーヒーポットに移す
コーヒーカス(残渣)は小鍋の底に残し、上澄みだけを注ぎます。しかし、ポットにはかなりのコーヒーカス(残渣)が入ります

3 コーヒーポットからカップにコーヒーを注ぐ
コーヒーポットの形状はコーヒーカス(残渣)が流れ出ない工夫がされています。しかし、どうしてもカップにカス(残渣)が入ってしまいます。そこでもうひと手間加えます。

4 カップのコーヒーの上澄みをソーサーに注ぐ


このように3回にわたって上澄みをとればコーヒーカス(残渣)はほとんど無くなります。昔のソーサーはコーヒーカップのコーヒーが全部入るほどの深さがありました。

コーヒーフィルターが無かった時代、昔の人の知恵(工夫)に驚きです。さて、そのお味は?香りは?

コーヒーカップからソーサーへコーヒーを注ぐメリット
● 上澄みを取る
● 香りが立つ
● 温度を下げる

2020年12月7日月曜日

冬です。「火様」活躍です!

300年以上燃え続けている「火様」。今はランプに灯されて守られていますが、元々は囲炉裏の中で燃えていた「生活の火」です。寒くなり「火様」の出番になりました。「火様」の活躍の様子を紹介します。

(写真は三木様の提供です)

囲炉裏に戻った「火様」

囲炉裏の火は暖を取るだけではありません。みかんを焼いてみました。
酸味が取れて甘みが増し、ミカンの味が濃くなります。美味しい!

里山cafe分福茶釜の玄関で温かいお出迎え

カフェの入り口に「やまと火鉢」を置き、「火様」で炭を熾します。茶釜で沸いたお湯と共に温かくお客様をお迎えします。

(まんが日本昔ばなしの作家 又野龍也氏の絵を壁に飾っています)

「火種保存コンロ」で焼き芋!

能登の珪藻土を使った特産品のなかに「火種保存コンロ」というのがあります。
この中に入れた炭火はゆっくりと長時間にわたって燃え続けます。
ここに「火様」で熾した炭をいれて作る焼き芋はとてもおいしいと評判です。



みかん、リンゴも焼いてみました。皆さんにも食べて頂きたいです。




2020年11月24日火曜日

里山Cafe分福茶釜 クリスマスモードに!!

 師走をひかえ、「里山Cafe分福茶釜」もクリスマスモードになりました。

入り口にもクリスマス飾りとささやかにイルミネーションを置きました。

クリスマス前の1か月(11月29日~12月24日)を「アドベントAdvent」というそうです。
ドイツで古くからアドベントに飾るおもちゃを並べてみました。
少し飾った電話機とアドベントカレンダー
各テーブルにはサンタクロースもいます。


メニューに「分福X'masスペシャル」を用意しました。ドイツで昔からアドベントの期間に食べるお菓子(シュトーレンとバウムクーヘン)です。マイセンのケーキ皿で提供します。美味しいコーヒーとセットでどうぞ!











2020年11月2日月曜日

古民家岩穴。スズメ蜂とイノシシで大変です!

秋も終わりに近づき、冬も真近ですが、岩穴集落ではイノシシが大量に出現していて危険です。 毎日、イノシシが捕獲されています。
本当に民家の近く、道路わきに設置した罠にも入っています。 スズメバチも活発です。昨年の同じ時期に大きなスズメバチの巣を駆除したのですが、今月は2か所を駆除しました。
専門の業者さんに御願いしましたが、この巣には1200匹以上のスズメバチが入っているそうです。